レディ

美容で人気のピューレパール|口コミを参考に選択する

正しい洗顔の仕方

女性

間違ったスキンケアを正す

最近は10代で乾燥肌や敏感肌になる人が増えています。生活習慣やストレスなどが肌質を悪化させることがありますが、意外と多いのが毎日のスキンケアの間違いです。間違ったスキンケアを繰り返していると、それが原因となって敏感肌や乾燥肌が悪化することがあります。スキンケアの基本となるのが洗顔です。いくら効果が高い化粧品や美容液やクリームを使っていても、洗顔が間違っていると肌質が劣化し、ニキビ、吹き出物、乾燥、毛穴の開きなどの原因になります。洗顔フォームなどの市販の洗顔料は洗浄力が強すぎるので、敏感肌や乾燥肌の人は、低刺激な固形石鹸を使うのがお勧めです。固形石鹸はよく泡立ててから使います。真水だと泡立ちにくいですが、ぬるま湯を使うことで泡が立ちやすくなります。それよりも簡単なのが泡立てネットです。泡立てネットを使うと簡単にクリーミーで濃厚な泡が作れます。手のひらに乗せて逆さまにしてみて、泡が落ちないような弾力まで泡だてたら、顔に乗せてこすらないように洗います。そしてこすらないよにぬるま湯で洗い流します。洗ったあとは清潔なフェイスタオルを使って水分を優しくふき取り、その後化粧水で肌を整え、美容液やクリームを塗って栄養を与えます。洗顔はスキンケアの基本ですが、洗顔のしすぎは禁物です。べたべたするからといって頻繁に洗顔をすると、皮脂が過剰分泌して敏感肌悪化の原因になります。洗顔は一日一回〜二回がベストです。